ねずみ駆除、自分で行う方法とは?

家の中にねずみが住み着くと、家具や電化製品を齧られたり、また様々な病原菌を持っているため不衛生な環境となってしまいます。
最近はねずみ駆除専門業者もたくさんありますが、少し費用もかかるためまずは自分で市販のグッズを使って対策をとっても良いかもしれません。
ねずみ駆除の市販グッズには、バネ式やカゴ式の罠、粘着シート、毒入りの餌などがあります。

バネ式罠の特徴はバネで挟み込む圧力によってねずみを捕まえます。

設置が簡単で何度も使えるというメリットがあります。



一方のカゴ式罠はねずみをカゴに閉じ込めて生け捕りにする方法です。

バネ式の場合は挟む圧力で捕まったねずみは死んでいる事がほとんどですが、カゴ式の場合は生きた状態で捕獲するので、その後の処理が必要になります。また最もリーズナブルに試せるのが粘着シートです。
通り道に設置しておき、ねずみがくっつくのを待つだけとお手軽ですが、こちらも生きたまま捕獲となり、さらに確実に通り道に設置しないと意味がないのでコツが入ります。



毒入りの餌は古典的なねずみ駆除方法です。

確実にねずみ退治が出来ますが、乳幼児やペットが誤って食べてしまわないように注意が必要です。



さらに目に見える範囲で死んでいるとは限らないので、ねずみの死骸を探さなければいけません。

どの方法も試してみる価値はありますが、生きたままでも死んだ状態でもねずみに触れる事になります。

自分で処理する際は手袋やマスクが必需品です。

また効果が出ないと感じた場合は、さらに被害が拡大する恐れもあるため、業者に依頼した方が賢明です。


Copyright (C) 2017 ねずみ駆除、自分で行う方法とは? All Rights Reserved.